想うままひとり暮らし

16才から始めたひとり暮らし、60代になった今もこれからも

老後資金より大切なもの

先月まで勤務していたサ高住は、
富裕層が生活する高齢者向け住宅。
老人ホーム、介護施設ではない。
介護が必要になると退居ということになる。
富裕層と言っても範囲があるが
お金に困っていないということでは、
裕福な人々の集まりと言えるだろう。
そこで働いていた私は、
子無しのおひとり様、賃貸暮らし、貯金も少ない。
さぞ入居者の方々が羨ましかっただろう
と言われるかもしれないがそうでもない。
裕福な人々でも、幸せと思えないことを
たくさん見てきたから。

生活費に困っていない。
でも、健康不安があり、病院通いが日課
仕事をしていない、趣味も無い。
毎日ボーッと過ごしている。
やがて認知症を発症する。
運動をしないから、筋力が衰え、
転倒し、骨折し、入院し、介護が必要になり、
サ高住には戻れないから、介護施設に転居する。
安心安全で恵まれた暮らしをしていても、
これが一番多い流れになっている。
中には若い頃から自己管理をされていて、
100才近くなっても、自立した生活を送れている方もいる。
子が無いとか頼る人の無い方は、
90才を過ぎても、自分の後始末の手続きの交渉をする。
スゴイとしか言えない。

健康長生きに必要なのは、お金より"意志"なんだと思う。
自分のことは自分でやろうとする強い気持ち。
そんな意志を持つ一人の入居者の方に言った。
「(どうしても無理な時は)他人に頼ってもいいんだからね」
最後の日の、悲しさをまとったような
小さな背中が忘れられない。

禍は、次から次と

職場の禍から逃れて、
やっと平和な日々が訪れたと思ったら、
今度は住居での禍に見舞われた。

朝8時、チャイムが何度か鳴り、
なんだろうこんな早くにと無視していたら、
相手はドアをガンガンと叩き出した。
これは無視しているわけにはいかないと、
ドアを開けずに「何かありました??」と聞いたら、
相手は下の階の奥さんだった。
(4年前、騒音クレームでだんなさんの方が
朝5時に文句をつけに来たことがある)

奥さんが言うには、夜遅く、朝方、除雪の音が煩い、
それから足音が響く、という文句。
除雪の音を、私が犯人と思い込んでいる。
また足音にしても、4年前のことがあるから、
生活音全体に気を付けて生活を続けていた。
どうやら、他の部屋の音を私だと思っているらしい。
とばっちりだ。
管理会社に電話をした。
この棟の入居者全員に宛てる文書を入れるということで、
様子を見ることになったが・・・

そんな事件があったせいで、
転居、実家に戻る、いろいろなことを考えた。
年金額を補うために新しく仕事を見つけるより、
家賃がかからない実家に帰った方がいいのではないか。・。・。
そんな考えは、昨日までほとんど無かったのに、
今回の件で、いろんな面から、考えて、考えて、考えていた。
自分の老後の大事な問題だし。
経済的な面から、もっと早くに考えているべきだった。
今回の事件、辞めた会社、全て、自分の老後をどうするか、
考える時が来た、道を選ぶ時期だという
神様の"お導き"のような気がしている。
そう簡単に答えは出ないが、
案外、こういう考え方も、こういう道もあったのね、
ということになるかもしれない。

有休消化と怒り消化

有休消化に入って、毎日ブログを書いている。
もともと作文が好きなので。
朝起きて、今日も、明日も休みと思うと、
うれしくてしょうがない。
そんなに仕事に行くのが嫌だったのか?
イヤ、入居者様相手の部分に関しては、
救急要請するような時も、どんなに忙しくても、
遣り甲斐を感じ楽しかった。
我慢に我慢を重ねていたのは、対スタッフや上司に対して。
ここの社員は、介護の職場から流れてきているせいか、
一般のお客様の対応の仕方を知らないようだ。
どうして、そんな口調で、そんなことが言えるのか、
理解出来ない人が多かった。

「行くのが楽しいと思える職場にしたい」
最終日にあんな失礼な言動をして、
思い出しただけでも、ムカムカするその上司は、
5ヶ月前に入社した当時、そんなことを言っていた。
過去の会社の実績を自慢し、その後の転職の失敗を話し、
この職場に入って、"僕が変えて行く"ようなことを言っていた。
その彼が「辞めて本当に良かった」と思わせる職場にしてくれた。

"失礼で、ムカつく、無能なヤツ!!
思い出しただけでも、腹が立つ!"
言い返して口論しなかった自分にも腹が立つ。
休みに入ると時間がたっぷりとあるから、
ボ~ッとしていると、つい、そんな嫌な思いに支配されてしまう。

自分が我慢することで、過ごしてきたこの数年。
いつからこんな私になったのだ?
昔は、アイツと同じことしていなかったか?
ということは、私に対して、同じこと思っていた人が
いるということではないか?
"失礼で、ムカつく、無能なヤツ!!
思い出しただけでも、腹が立つ!"
自分のしたことが自分に返ってくるという話。昨日のブログに似てる?
それに気づいて怒りは治まった。

予想外の展開

除雪の大変さというのは、
雪国に住んでみなければわからないかもしれない。
除雪が大変だから、マンションに住みたいという高齢者。
その気持ちがわかる歳になった。

私は、共同玄関のあるアパートではなく、
昔多かった外階段が付いているアパートに住んでいる。
共同玄関より、一戸建て的な感じがいいと思った。
1Fに車庫があり2F3Fという建物。
同じものが2棟向かい合い、1Fの車庫が向かい合わせになった真ん中に
融雪槽がある(雪を捨てる所。中で解かされ雨水溝へ排出される)

入居した頃、私の棟の住人は、
ほとんど除雪をしなくて、外階段はたまに雪で滑り台状態になった。
危険だから仕方なく、段差を作りに
氷割りをしたこともあった。

また、向かいの3Fの40代位の住人(男)は、
自分の車庫前の除雪を細目にする几帳面な人で、
自分が除雪した後に、向かいの棟の住人が
雪を落とすと、「落とすな!!」と怒鳴る人だった。
それが怖くて、玄関前は積もったままにすることが多くなっていた。
管理会社から、「助け合って(?)除雪をするように」という文書が入り、
今年は出来るだけするようにした。

私は3Fなので、自分の通路の他、
"ついでに"同じ階の人の玄関前と、"ついでに"2Fの廊下全て、
そして1Fに降りる階段まで雪落としをして、
融雪槽に捨てるという作業を一人で行った。
2Fの人は、同じ階の人が自分の所まで除雪してくれたと思ったのか、
2Fの廊下と1Fに降りる階段の除雪をしてくれるようになった。
私と同じ階の人は、私が疲れて除雪をしないままの時、
私の部屋の前まで除雪をしてくれるようになった。
こうして、私の通路は、雪で積もったままということも
階段が滑り台状態になることも、無くなった。

"ついでに"やったことが、こんなふうに自分に返ってくるとは。

初期化の時

休みに入ってまだ2日目だから、
腹の立つ記憶が生々しい。
まだあの会社に属している自分がいる。
早く初期化してしまいたい。

2年半前、メインの住宅に入った時、
私の前に入社した2人は、3日で辞めたらしい。
危険予知能力が高い2人だったようだ。
その後に私が入社したのだが、
約1年後、そこの責任者は、自律神経失調症のため休みが多く、
突然辞めた(解雇された)
次の責任者が決まるまで、早番のパートの私は、
責任者不在のまま頑張った。
1ヶ月以上経ち、新しく入ったのは
障害者施設勤務をしていたNだった。
人当たりが悪く、入居者とトラブルがあり辞めた。
パソコンが苦手で、出来ないことがあると、
私が勝手に削除したりしていると思い込んでいる人だった。
そんな逆恨みを引き継いだのが、新しい責任者N。
同じ時期、兼務で行かされていたM住宅のコンシェルジュ
一斉に辞めた。
私は、K住宅の他にM住宅の再建(?)に尽くした(つもりだ)
クレーマー化したM住宅は、3か月経って落ち着いたが、
新しい責任者Mは、自分の功績なんて思っているのだろうか?
彼女の刺すような物言いは、かなり評判が悪い。
今回の「奥様の逃走」にも少なからず影響している。
それでも自分は正しいと思っているのだろうか。

ただ言えることは、ここに登場した新旧の責任者3人も他の3人も、
彼女達が悪いのではない。
的確な指示や指導をしていない会社が悪いのだ。

…こうして私は、会社を離れることにした。

今、私の残像があるあの職場内で、何を言われているかしれない。
でも私の未来に、あの職場の人達は存在しない。
今、頭の中で、
名前や経歴や分量や手順やタイミングや嫌な事など
コンシェルジュとして働いていた日々の様々な情報を
消し去ろうとしている。
真っ新になって、新しい生活を始めようとしている。

奥様の逃走

昨日は、兼務しているM住宅の勤務日。
ホントのホントの出勤最終日。
もうこれでこの会社から離れられる。
何事も無く、穏やかに入居者様とお別れするはずだった。
…ところが事件が起きた。

前々から夫婦仲の悪かった奥様の方が、
ご主人がレストランで食事中に逃走したのだ。
「外出した」が「逃走した」になったのは、
キッチンにいた調理師(女性社員)が
追え!というような指示を私にしたから
とりあえず後を追ったら、奥様は、
私の腕を掴んで「(もう我慢出来ないから)出て行く」と言われた。
後から来たご主人が引き留めたにも関わらず、(逃走)した。
その調理師が、部長に電話するように指示をしてきた。
部長は息子様に電話するように言い、
息子様は警察に電話をしてほしいと言った。
結局警察に捜索依頼をすることになって、その対応に追われた。

私が追ったのが、調理師の指示ではなく、
"ご主人に言われたから追った"と記憶違いしたことを
遅番でやって来たそこの住宅の責任者Mや上司、
そして調理師から、責められた。
たまに兼務で行っているだけだから、
状況判断がすぐには出来ない(言い訳)
そんな中で、振り回された上、責められ・・
(こんな会社、辞めると決めてホントよかった)と思った。
今思えば、その調理師が(追え!)という指示をしなかったら、
警察沙汰にもならず、頭を冷やしてから
奥様は夜遅くに戻られたのではないか??

私の勤務最終日にあった出来事。
(辞めてもったいなかった…)という気持ちがゼロになり、
むしろ良かった、と思った。
入居者からのクレームが多いその調理師、
相手を怒らせるのが得意な責任者M、
別れを惜しんで挨拶に来てくれた入居者の方々、
M住宅の皆さん、さようなら。

メイン住宅勤務の最終日

辞める挨拶をした方がいいのか、
どんな風に言えば一番いいのか(不安にさせないのか)
退職日が決まってから、ずっと考えていた。
いろいろ考えたあげく、
軽い認知症の方(私がいなくなっても気づかない方)や
最近、入居した方、
完全に自立していて関わりの薄かった方、以外の方全員に
はっきりと「辞める」と「ここにはもう来ない」と
「お世話になりました」と、告げた。

スタッフより入居者の方との関わりが多かった分、
その反応は共通して驚きと寂しさと
どうして辞めるんだ?という怒りだった。
中でも、入居してからとくに関わりの多かったご夫婦の奥様は、
告げている途中から涙目になっていって困った。

介護施設ではスタッフは挨拶しないというところもあるようだ。
でもここは、サ高住。
一般の住宅と同じ常識が求められると思った。
サヨナラも告げずに消えるように辞める、
ということは出来なかった。

○○ロスという言葉があるが、
そういう状態になる人が、
いるかもしれない。いないかもしれない。
昨日の様子を見ていると心配になるが、
そこは、長く生きてきた高齢者。
ちゃんと新しい態勢に馴染んでいくだろう。

責任者Kと会う最後の勤務を終えた帰り道、
\(-o-)/となるかと思いきや、そうでもなく、
(なんで私の方がいなくなることになったのだ?)
という理不尽な思いでいっぱいになった。
要らないのは、むしろKの方ではないのか?と。
でも結果的に私が去ると決めたのだ。
残ったKと遅番専門のM、そして社員採用の若いコの3人
アンタら、せいぜい頑張れよ。